子どもの持ち物に名前シールは便利です

子どもが幼稚園、小学校と入学すると多くの物に名前を書くように言われます。こんなものまで?といわれるような小さい物にも名前をといわれるので名前シールがあると非常に便利です。字を綺麗にかかなくてはというプレッシャーも要りませんし、ぺたぺたと貼るだけです。また手で書いた場合は物によるとすぐ消えてしまうのでむしろシールの方が結果的には書きなおし不要ということにもなります。最近ではテプラを持っている家庭もおおいので自宅で名前シールを作ることもできますし、通販でもかわいいデザインなどサイズも様々な名前シールをうっていたりもして便利です。私も子どもが入園するときに利用しました。それぞれに味がでる手書きの良さというのも捨てがたいですが、便利なものには勝てません。是非子育てしている方ほど利用して少しでも楽をしてもらいたいと思います。

あると便利な名前シール

子どもが小学校に入学する時、保護者は子どもの名前を学校で使う物一つ一つに書かなければいけません。といっても、教科書とか体操服とかに書くのはそれ程大変ではないのです。問題は算数の時に使うセットです。これは細かく、さらに数が多いので一つ一つ油性ペンで書くのはかなり大変で時間が掛かってしまいます。そこで便利なのが名前シールです。子どものフルネーム、下の名前、色々な種類・サイズを用意すれば、一つ一つ名前を記入する必要がなくなります。家族一緒にシールを貼る事もできるので、入学準備がかなり楽になるはずです。名前シールは有ると本当に便利な物です。業者に依頼したり、自分で作ったりする事が出来るので、ご家庭に小学校入学を控えているお子さんがいる場合は、是非こちらを用意しておくのをお勧めします。その時は小さな物と大きな物を用意しておきましょう。

名前シールで楽々名前付け

幼稚園そして小学校の入園入学準備で面倒であるのが名前付けで、ランドセルや制服そして教科書など使うものすべてに名前をつける必要があります。今までは名前を油性ペンで書くというのが普通でしたが、今は名前シールがあるのでインターネットで注文をすれば後は貼るだけでいいのです。名前シールにはシンプルなものからキャラクターが書いているものなどがあり、幼稚園や学校で指定がないようであればいろいろなデザインから選ぶこともできます。まだ小さい子供というのは名前が読めないこともあるので、好きなキャラクターやマークがあることで自分のものかどうかを判断できます。ですから名前シールを貼ってあげることで間違えることもなく、喜んで幼稚園や学校へ行ってくれること間違いないでしょう。またシールを貼るときには子供と一緒にしてもいいと思います。